講師紹介

講師紹介

kumazawa

英語

熊澤 匡人


英語は、必要な単語の量が膨大です。単語が多すぎて覚えられない!という人は多いと思いますが、単語に対する見方を少し変えるだけで負担はかなり軽減できます。単語を「覚える」のではなく「考える」習慣を身につけ英語を楽しく学んでみませんか?

imai

英語

北山 千春


英語は五感を使って覚えることが効果的です。すべてを書いて覚えようとすると挫折してしまいます。口を動かして声を出す、たくさん聞くことで耳を働かせる。この2つを始めてみることで英語への苦手意識を少なくしていきましょう。

matsusita

英語

松下 志保


“筆記だけ” “リスニングだけ”と切り離して、どちらかだけの点数を伸ばすことは不可能です。受験科目としてだけではなく、英語という言葉を四技能“すべて”で習得していく先にある高得点を一緒に目指しましょう!

sasaki

国語

佐々木 奈美子


「現代文は勉強しても無駄だ」と思っていませんか?入試科目である以上、現代文もしっかり解く手順を身につけ、意識的に学習する ことで飛躍的に点数が伸びます。きちんとした解法を定着させることで、国語を得点源教科にしていきましょう。

mikami

国語

三上 拓美


古典=古文・漢文は、既に日常的に使う人間が存在しない言語です。ということは、ネイティヴのようにアドバンテージを持っている人間がいない、みんな横並びの状況の科目だということです。基礎をしっかり学ぶことで、横並びから抜け出しましょう!

sasazaki

数学

笹崎 晴菜


数学は苦手な生徒も多い科目です。しかし、苦手な科目ほどこれから伸ばしていく所が大きいものです。まずは今ある苦手意識をなくしていきましょう。公式を暗記するのでは無く、自分で考え組み立てていく楽しさを一緒に体験しましょう!

kudou_s

数学

工藤 聡一郎


分からない問題を放置して、それが積み重なってしまうことで、数学が更に苦手になってしまう人は多いと思います。気になったところは放置したり後回しにせず何でも聞いてください!どんどん質問をして、一緒に不安を無くしていきましょう!

osanai

理科・数学

小山内 俊輔


物理の法則や公式は、我々が普段体験していることをややこしい文章や数式にしているだけなのです。まずはこの法則や公式の意味を理解し、次にそれを使った解法を演習で習得していきます。授業をしっかり受けるだけで、無理なく点数を伸ばしてみせます!

kubo

理科

久保 孝


私たちの生活のあらゆる分野に化学は存在します。その基礎知識が受験でも問われます。論理的な積み重ねにより本質を考えるのが化学であり,決して難解なものではありません。一緒に一歩ずつ,分野ごとに克服していきましょう。

saito2017

理科

齋藤 寿


地球は多くの生命で満ち溢れています。私たちヒトを含めた「生き物」の成り立ちを様々な側面から理解することで、入試問題はより身近なストーリーに変化します。ポイントをおさえた学習で「生物」を得点源科目にすることを目指します。

yamakawa

社会

山川 貴正


歴史において一番重要なものは何だと思いますか?それは「流れ」です。この「流れ」を無視していると、どんな語句の意味を覚えても得点には結びつきません。私の授業は歴史の基本である流れを大切にしています。皆さんも流れをおさえて、得点UP!

araki

社会

荒城 正


世界史は暗記科目という声を聞きますが、それだけではありません。時代の流れや社会の仕組み・思想の変化に着目し、原因・経過・結果・影響を体系的に考えること、さらに現代の課題について考察することも必要です。それを意識しながら勉強していきましょう。

saito

社会

齊藤 理恵


倫理は人の内面を、政経は外面における実社会を学習する学問です。いずれも「人の生き方」に関わっています。この認識無くして、語句の表面的な意味だけを記号のように暗記しようとしても定着しませんし、使えません。語句の一つひとつを他人事と思わず本質で理解し、『使える知識』を身に付け、特典に結び付けましょう。