講師紹介

講師紹介

mikami

英語・国語

三上 拓美


大学入試において「感覚」はタブー視されがちですが、英語話者の「感覚」をしっかり学ぶことで、英文法はグンと理解しやすくなり、読解やリスニングにも影響を及ぼします。ひろよびの授業で、英語話者の「感覚」を身につけましょう。

yumie

国語

拓植 由美恵


国語は全ての教科の基礎となる教科です。文章を理解するためには、その文章の核となる部分を意識して読んでいくことが大切です。文章を読む上で意識すべきポイントを押さえ、文章理解の力を伸ばしていきましょう。

sasazaki

数学

笹崎 晴菜


数学は苦手な生徒も多い科目です。しかし、苦手な科目ほどこれから伸ばしていく所が大きいものです。まずは今ある苦手意識をなくしていきましょう。公式を暗記するのでは無く、自分で考え組み立てていく楽しさを一緒に体験しましょう!

abe

数学・理科

阿部 正行


数学は目には見えませんが、生活のあらゆる分野で活用されています。営業マンでも、数学を知っているのといないのでは大きく違うと思います。数学的なものの考え方、論理的思考が大切です。公式を丸暗記するのではなく、導出課程を通してその意味をしっかりつかむことです。

kubo

理科

久保 孝


私たちの生活のあらゆる分野に化学は存在します。その基礎知識が受験でも問われます。論理的な積み重ねにより本質を考えるのが化学であり,決して難解なものではありません。一緒に一歩ずつ,分野ごとに克服していきましょう。

saito2017

理科

齋藤 寿


地球は多くの生命で満ち溢れています。私たちヒトを含めた「生き物」の成り立ちを様々な側面から理解することで、入試問題はより身近なストーリーに変化します。ポイントをおさえた学習で「生物」を得点源科目にすることを目指します。

saito

社会

齊藤 理恵


倫理は人の内面を、政経は外面における実社会を学習する学問です。いずれも「人の生き方」に関わっています。この認識無くして、語句の表面的な意味だけを記号のように暗記しようとしても定着しませんし、使えません。語句の一つひとつを他人事と思わず本質で理解し、『使える知識』を身に付け、特典に結び付けましょう。

araki

社会

荒城 正


世界史は暗記科目という声を聞きますが、それだけではありません。時代の流れや社会の仕組み・思想の変化に着目し、原因・経過・結果・影響を体系的に考えること、さらに現代の課題について考察することも必要です。それを意識しながら勉強していきましょう。